※記事の内容はあゆ姫が訪問した際の情報です。最新の内容とは異なる場合もありますのでご了承ください。最新情報は各店舗に直接お問い合わせください。
スポンサーリンク

道の駅さかもと元の場所にて営業再開!!プレオープンのわけと状況

道の駅さかもと八代・水俣
スポンサーリンク

本日の記事は、賛否両論あるだろうし

あくまで個人的な意見なので気分を害される方は

閲覧をお控えください。

令和2年7月豪雨の被害

2020年7月に発生した令和2年7月豪雨。

人吉方面はよくテレビで復興の様子が紹介されてますが…

全く手つかずの状態の地域があります。

八代市坂本町。

 

数ヶ月前に、坂本町を訪れた時

状況が飲み込めず絶句しました。

復興ってどこが?復興って何?

という前に…この被害状況は何?と…。

 

人吉市内の状況は、水害後比較的早い段階で直接見てますが

坂本の被害…正直私が見た人吉の街中以上です。

 

どっちが被害が大きいとか比べるものではないということは

十分わかってますが、坂本町の被害状況には

やがて1年経つというのに、恐怖を感じ震えました。

 

でも、ほぼほぼ坂本町のことって

テレビなどでは見ない気がします。

(私自身があまりテレビを見ないので確認不足でしたらごめんなさい。)

町は、めちゃくちゃです。

 

あきらかにおかしな場所に

大量のゴミが引っかかってる…

何だろ?と思ったら周辺の家は全てダメになってる光景…

え??ここまで水が来たってこと?

 

…この地域に人はいるの?

明らかに住めない家ばっかりだよね…。

 

線路ってあんな形に曲がるの?

ひっくり返るの?

 

川の岸壁っておもちゃのドミノのように崩れるの?

 

そんな状態です。

はっきり言えば、直接見ないと

想像ができるレベルじゃないです。

 

もちろん、現在も復旧工事があちこちでされてますが

手つかずの場所がかなり多い。

 

熊本地震の際にもそうでしたが、

1番中心の場所ばかりがテレビに出るんですよね。

 

そして、テレビで見てる人はそれが全てになるんですよね。

「あ~復興してきてるね!よかったよかった!」とか

「え?テレビで言ってないし大丈夫でしょ?」とかね…

思うんですよ。

 

私自身、熊本地震の際

住んでる地域でいうと被害が少なかったものの

我が家の周りはダメになった家が多く

私自身も家を失くし被災してるので

あの時の悔しさとか苛立ちとかをすごく思い出しました。

 

坂本町の人達は、あの時の私のように

すごく悔しい想いをされてるんじゃないか?と

気になったと同時に

自分自身が被災してあんなに色々な悔しい想いをしたのに

テレビを見たり実際に何度か人吉に行き

「復興してきてる、よかった」と軽々しいことを思ったことを深く反省。

道の駅さかもとの被害

今回訪問した道の駅さかもとも被災されてます。

周辺…すごい被害です。

 

いつも私の印象では、おだやかに流れる裏手の球磨川。

私が訪問した際にも、とてもおだやかに流れてました。

道の駅さかもと

この普段はとても穏やかな川が溢れ、濁流となり周辺の町を

めちゃくちゃにしたそうです。

 

私は自然が大好きなので、たくさん癒してくれる

すごいパワーを持ってる!とも思いますが、

人間の力ではどうすることもできない恐ろしいものでもあります。

 

道の駅さかもとの被害はこんな感じだったそうです。

道の駅さかもと

道の駅の物産館内に、たくさんの土砂やがれき流れ込み

どこから流れてきたのか…『車』もあります。

 

道の駅さかもとだけではなく、周辺の家はこういうところが多く

建物自体がダメになってる家もたくさんあります。

 

道の駅さかもとは被災後、

2キロほど離れた入浴施設

「クレオン」という場所で

仮設営業をされてました。

道の駅さかもと営業再開!

甚大な被害を受け別の場所で仮設営業をされていた

道の駅さかもとが、元々あった場所・建物で

営業を再開されると聞き、早速行ってきました。

 

2021年6月3日にプレオープンされてます!

道の駅さかもと

なぜプレオープンかというと…

道の駅さかもとがある目の前の道

国道219号線は、一般車両通行止めとなってるからです。

「営業再開しました!みんな来てください!!」とは言えません。

 

頑張って再開したよ!みんなに来てもらいたい!

応援してもらいたい!と言いたいはずですよね。

 

テレビでも、営業再開の中継がチラっとあったけど

プレオープンをされます!

219号線は一般車両は通行止めとなっております。という

個人的には、ものすごく微妙な案内でした…。

でもまぁ…こうしか言いようがないんですよね。

国土交通省が「通行止め」と言ってるんだもん。

 

実は私、ここ数ヶ月で何度かクレオンに行ってます。

このクレオンも、最近はコロナの影響で休業されてました。

(クレオンは、日奈久・二見経由で通行が許可されているルートがあります)

 

今回、元々営業をされていた場所での

営業を再開されたということで行ってきました。

(どうやって行ったのか?については書きません。)

 

道の駅の駅長さんといろいろなお話ができました。

 

やっぱり…すごく悔しく歯がゆい思いをされてるんだろうな…と

いう状況に胸が痛みます。

物産館

道の駅さかもと

とても被害がひどかった物産館内、綺麗にされて営業されてます。

周辺は被害がひどいので収穫される野菜もごくわずかだったり

ほかの地域の物だったりとなりますが野菜なども販売されてます。

箱もののお土産もののお菓子などは元のように販売されてます。

 

ジビエなど山の恵みもありますよ!

道の駅さかもと

小さな物産館ですが、あたたかみがあります。

お食事処は休業中

道の駅さかもとには

球磨川で獲れた鮎などを提供されている

お食事処があります。

道の駅さかもと

が…こちらは現在休業中となっています。

通行止めじゃ…お客さんこれないもんね。

仕入れた食材が無駄になってしまうもんね。

 

トイレもまだ復旧ができておらず、仮設トイレを使われてます。

坂本復興録

道の駅さかもと

この坂本地区の当時の被害状況などを記録した

冊子の販売があります。

1冊300円、レジ前の箱に協力金を入れるスタイルです。

売り上げは復興に役立てられます。

 

この冊子の中には、目を覆いたくなるような写真が

たくさんありますが

この冊子を、ここ道の駅さかもとで手に入れる時点で、

周辺のリアルな光景も見ているということになりますね。

 

あくまで私個人の意見ですが、私はこの被害状況を

自分の目で、ここ数ヶ月何度も見て恐ろしく震えながらも

とても考え学ぶことや反省があり行って良かったと思ってます。

 

ただ、繰り返しとなりますが…

国道219号線は一般車両通行止めです。

国道219号線

八代方面から来ると、あちこちに

通行止めの看板があります。

もちろん、日奈久・二見方面から来ても

途中から同じ看板がたくさん出てます。

『一般車両通行止め』

道の駅さかもと

『緊急車両のみ』

復旧工事のダンプや地元の人などはこの道を使われてます。

途中から「工事関係者のみ」的な看板に変わる。

 

…入口は「緊急車両のみ」となってるのに

「工事関係者」はそこまでは

どうやって行ったことになってるのか?と謎。

 

地元の人以外の通勤ルートなどにも、この道が使われています。

 

これをマナー違反・ルール違反・非常識と呼ぶのか?

 

道の駅さかもとまで行けるルート?と思うのか?

 

私の意見は控えます^^;

 

私はあくまで、状況を言うまでです。

 

この看板の先には、片側通行になってるところなども多数あります。

通行される際には、復旧作業をされてる方の邪魔にならないように

気を付けることはもちろん、道が悪い場所もありますので

十分気を付けて走行してください。

かなり被害が深刻な場所が多数あるので、

景色が気になりますが、わき見運転は危険ですので注意です。

 

これをどういう意味でとらえるのかは

人それぞれかと思います。

 

ちなみに219号線の開通は、現在のところ

全く未定となってますので、開通した際には

私…全力でアピールしますよ^^

 

道の駅さかもとの駅長さんにね…

すっごい私の中で衝撃的な

良い情報をもらったのでね^^

(この記事とは全く関係ない趣味の話でBIGな情報を仕入れた(笑))

そのお礼兼ねて、微力でも全力でアピールしたい。

 

まだまだたくさんの時間がかかりそうですが

道の駅さかもと営業再開!みんな来てー!と

大きな声で言える日が早く訪れますように☆

 

ものすごく濁した中途半端な記事になりましたが

道の駅さかもとのプレオープンをお知らせしました。

いろいろな意見があるかと思いますが、

中途半端なことしか言えない状況ということを

どうかお察しください。

 

道の駅さかもとの場所はこちら↓↓↓

【道の駅さかもと】
住所:熊本県八代市坂本町荒瀬1239-1
電話:0965-45-2141
営業時間:10:00~18:00
定休日:年始年末
九州道の駅サイト:道の駅さかもと

記事の内容は、あゆ姫が訪問した際の情報です。
訪問から時間が経過している事が多々あります。
また予約自動投稿の記事も多々あります。
そのため最新の情報とは異なる場合があります。
最新情報に関してや不明な点などは、
直接掲載スポットへお問い合わせください。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
八代・水俣
スポンサーリンク
あゆ姫をフォローする
スポンサーリンク
【あゆ姫食い倒れ放浪記】
タイトルとURLをコピーしました