※記事の内容はあゆ姫が訪問した際の情報です。最新の内容とは異なる場合もありますのでご了承ください。最新情報は各店舗に直接お問い合わせください。
スポンサーリンク

道の駅大野温泉(芦北町)温泉とやすらぎの郷!自然に囲まれた道の駅でビュッフェランチ

道の駅大野温泉八代・水俣
スポンサーリンク

 

あゆ姫
あゆ姫

今回は温泉施設がある道の駅

【道の駅大野温泉】をご紹介します!

自然を感じることができる

山間にある静かな道の駅~

 

 

 

【道の駅大野温泉】静かな自然の中でリフレッシュ

道の駅大野温泉は、人吉と芦北をつなぐ県道27号線沿いにある

比較的規模は小さめの道の駅ですが、温泉施設もあります。

豊かな自然に囲まれた道の駅で、空気が澄んでる感じが気持ち良い♪

道の駅大野温泉

人吉と芦北をつなぐ県道27号線

2020年7月に人吉球磨方面で発生した、豪雨災害の被害により

2021年1月現在も、まだ通行止めとなっています。

 

ここ、道の駅大野温泉までは行けます。

道の駅大野温泉の入口あたりに、

『ここから先通行止め』の看板が設置されていて、

先に進むことができません。

 

この道の駅から先へ進むと、被害がひどかった球泉洞周辺の道へ

繋がってるので、復旧までにはまだ時間がかかるかもしれませんね。

 

道の駅大野温泉周辺も、被害が大きかったようで、

まだあちこちに痛々しい爪痕が残されていました。

物産館(直売所)

 

道の駅大野温泉

物産館では地域で採れた野菜のほか、地域の“おばちゃん”たちの手作りの

お饅頭や、お漬物など良い意味で“素朴”を感じる商品も多かったです。

 

また、こちらの物産館、近くにスーパーなどがない集落にあるため

地元スーパー感があるコーナーもあり、お魚屋やお肉、冷凍食品、

ちょっとした日用品なども販売されていて、

近所のお年寄りが買い物されている姿もありました。

道の駅大野温泉

小さな物産館でしたが、ドライブなどで立ち寄ったお客さんだけではなく

地域の人にとって必要な物産館でもあるんですね♪

 

こちらの物産館(直売所)9:00~19:00まで営業されています。

物産館は、遅くても18:00頃までしか営業していない道の駅が

多いので、少し遅くまで営業されている印象ですね。

大野温泉センター

道の駅大野温泉という道の駅ですので、名前の通り温泉施設があります。

【大野温泉センター】

道の駅大野温泉

こちらの温泉も、観光客だけではなく地域の人にも愛される温泉施設の様子で

どこかレトロ感があり素敵な雰囲気です。

道の駅大野温泉

温泉施設へは、駐車場から直接行くことも可能ですが、

一旦、物産館の中に入り物産館側から入ることも可能です。

道の駅大野温泉

靴箱は、そのまま置いておくのは不安!という方に

有料コインロッカーが設置されてましたが

利用料金10円と良心的な価格が

何かまた田舎感があって良い♪

道の駅大野温泉

《利用料金》

中学生以上400円

小学生300円、3歳児以上200円

3歳児未満無料

家族湯:1時間1000円+入浴料

10:00~21:00まで入浴可能です。

 

大野温泉センター食事処

 

道の駅大野温泉

道の駅大野温泉センターには、バイキングスタイルのお食事処があります。

ランチ時間帯は、ランチバイキングで営業されています。

 

地域で採れた新鮮な野菜を使った和食のバイキングメニュー。

 

このご時世ですので、バイキングは…と思われる方も多いかと思います。

今回、お食事をしてきたので、それぞれでご判断いただければなぁと思います。

道の駅大野温泉

バイキングの利用料金は950円

時間制限などは、特になく料金は前払い制です。

 

営業時間は、11:00~14:30で14:00まで入店可能です◎

 

感染症防止対策ありのバイキング

入店すると、検温とアルコール消毒

更に、代表者の連絡先などを記載する必要がありました。

※コロナ感染防止対策ですので、しっかり協力しましょう。

 

店内は、昭和の家庭の食卓をイメージした造りだそうで、

掘りごたつ席と座敷の席がありました。

どちらも、各テーブルにビニールのパーテーションが設置されてます。

1テーブル1テーブル広めで、最近は“なんとなくの気遣い”があり

お客さん同士が勝手に1つ席を空けて座るなどするので

ほかのお客さんとの距離はしっかり保つことができました。

 

お料理のコーナーは、しっかりとビニールでガードしてあります。

道の駅大野温泉

このしっかりしたバリケードは、なかなか良い対策と感じました。

このしっかりとバリケードが設置されているバイキングコーナーを

一方通行で、好きな料理を取って行きます。

 

お料理は、今までは大皿で提供されていましたが

現在、大半の料理が小鉢に入れられていて、

1つ1つ小鉢を取るスタイルとなっています。

 

 

あゆ姫
あゆ姫

偏食が多い私としては、

1つの料理でも限られた具材を

“えったくって”取るクセがあるので

バランス良く小鉢に入れられてると

これは少し困ったな…となるけどw

これも、感染防止対策の一貫なので仕方ないね

 

 

お料理はビニールの手袋が置いてあるので、

きちんと手袋を使って取りましょう◎

 

地元の“お母さん”たちが作る、田舎の家庭料理がたくさん!

和食の家庭料理は、ホッとしますよね。
(↑最近ようやく私もわかるようになったw)

道の駅大野温泉

恐らく数年前までの私なら「何も食べるもんがない!」と

ぼやいてたかと思うのですが、ここ数年で私

“オトナな女性”に急成長してるからね。

(最近オバさんじゃなくてオッサンになりよるね!と言われることがまた増えてるけどw)

 

あれもこれも美味しそう!と気になり、

テーブルの上が豪華になりました。

道の駅大野温泉

白ご飯とカレーと鶏飯をセットで食べるスタイルは

相変わらず変わらんけど。(笑)

 

和食だけじゃなく、もちろんしっかり“油もん”も食べますけどね!

道の駅大野温泉

でも、やっぱり同行者と比べると私はまだまだ

“オトナの女性”レベルが足りてないね^^;

 

この日、2人で行って同行者のバイキングチョイスはこちら↓↓

道の駅大野温泉

煮しめとかね…私は自宅では絶対作らんけど…

美味しい!と最近思うんですよね。

この変化には、自他供驚きすぎるww

 

こうやって少し食べれるスタイルは好きね。

道の駅大野温泉

大皿での提供スタイルの時は『ニンジン』は取らないけど、

今回は小鉢での提供ということで写真の色合いがちゃんとしてて良い!w

 

きんぴらの具材が太目の切り方で、

いろいろな具材が入ってておいしかったです。

道の駅大野温泉

また、白和えがすごくゴマの風味豊かで濃厚でおいしかった!

白和えやお豆腐、おからなどは、この地域で60年以上続く

『白石豆腐』というお店のものを使われているのだとか。

道の駅大野温泉

おからの揚げ団子という、こちらの名物メニューの

もっちもち感にはびっくり~!

お餅のような感覚で美味しくいただきました。

 

汁物は味噌汁と鶏汁が準備されてました。

どちらも、めっちゃ具沢山!

道の駅大野温泉道の駅大野温泉

食後には、コーヒーも準備されていて

たっぷりと、田舎の和食家庭料理“おふくろの味”を

楽しむことができました。

 

 

【道の駅大野温泉】店舗情報詳細

今回、写真がありませんがほかにも

道の駅大野温泉には、

グランドゴルフができるコートなどもあります。

1人200円で利用ができ、貸しスティック(100円)も準備されているそうです。

 

営業時間は、各施設で違い現在、レストランは夜の部を休業されています。

ほかにも、ネットで掲載されている営業時間と異なる部分がありましたので

入口にあった、営業時間のお知らせ看板を載せておきます。

道の駅大野温泉

【道の駅大野温泉】
住所:熊本県葦北郡芦北町大字天月1000番地
電話:0966-61-7300
定休日:毎月第3火曜日

今回は、芦北と人吉をつなぐ県道27号線沿いにある

道の駅、【道の駅大野温泉】を紹介しました。

 

他にもいろいろな道の駅を紹介してます☆
道の駅めぐり記事一覧はこちら↓↓

記事の内容は、あゆ姫が訪問した際の情報です。
訪問から時間が経過している事が多々あります。
また予約自動投稿の記事も多々あります。
そのため最新の情報とは異なる場合があります。
最新情報に関してや不明な点などは、
直接掲載スポットへお問い合わせください。

あゆ姫食い倒れ放浪記SNSフォローはこちらから↓

Instagram Twitter

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
八代・水俣
スポンサーリンク
あゆ姫をフォローする
スポンサーリンク
【あゆ姫食い倒れ放浪記】
タイトルとURLをコピーしました