※記事の内容はあゆ姫が訪問した際の情報です。最新の内容とは異なる場合もありますのでご了承ください。最新情報は各店舗に直接お問い合わせください。
スポンサーリンク

宇城市不知火『永尾剱神社(えいのおつるぎ)』エイの伝説と海中に立つ鳥居

えいのお神社宇土・宇城
スポンサーリンク

永尾剱神社(宇城市不知火町)

昔っからある神社ですが
(だいたい神社は昔っからありますねw)
近年、SNSなどで話題となってる
宇城市不知火町にある神社で参拝してきました。

永尾剱神社
(えいのおつるぎ神社)

えいのお神社

713年に建てられたと言われている神社。
祭神は『海童神(わだつみのかみ)』と言われてます。

海童神を背中に乗せた大きなエイが
海から山を乗り超えようとしたけど果たせず、
ここに鎮座したという言い伝えがあるそうです。

聞いた話によると、上(空)から
この神社を見るとエイの形をしてるとかなんとか…

私自身、普段は人のいうこと
あんまり信用せんけど、昔から豆知識に対しては
珍しくある程度の信用をおいてる人から言われた話なので、
私的には結構信憑性がある(笑)

あっ!良いこと思いついた…と
Googleマップを見てみた!

おおおお!エイおるじゃーん!
隣の畑⁈のところ…。偶然か⁈これのことか⁈

えいのお神社

と思って調べたら、いろいろと違ったようです。

永尾神社から北に続く鎌戸山が
エイの形をしている
そうです^^;

確かに、山がどうとか言ってた気がするな…💦
また、話をよく聞いてないと怒られるわぁ…。(笑)

でも、ホントだったのね。
やっぱり豆知識がすごい。と私からの信用度が
UPしたので良かったね♪←え。

いや…私も大発見した気がする…
隣にエイがいると思う。
たいした影響力がない私が言ったところで
何もならないと思われるけど
カリスマインフルエンサーとやらが
言ったら有名になるはず。

有名になる前に私が先に気づいた!と
記録として残しておこう(笑)

それから…

山向こうの宇土市網津にある
『網引』という地名は、このエイを捕えようと
網を引いたことから名付けられたそうです。

永尾神社がある場所は、ちょうどエイの尾剣の部分にあたることから
別名剣神社ともいい、この地名も『永尾』となったといわれています。

だそうです。
宇城市の公式サイトより引用。

というわけで、今回は不知火の
永尾剱神社を紹介します。

場所・駐車場

永尾剱神社がある場所は、不知火線…
道案内は、苦手で回りに目安となるものが
わからないので、よしておこう。

永尾剱神社の場所はこちら↓

参拝する人が増えたからか
通り沿いに立てられてる看板が
年々目立つようになってる気がするので
きっとわかりやすいはず⁈

参拝

なぜ、最近話題なのかというと…
海上にある鳥居と、鬼滅の刃がどうちここうちこ…
全力謝罪します。私、理由がわかりません^^;

えいのお神社

以前は不知火の祭りの時は写真家とかが
集まることは知ってたけど
普段は、誰もいないとても静かな神社でした…
(少なくとも私が行った時には…。そんな頻繁に行ってたわけではないけど)

急によく名前を聞くようになって、
何で急に有名になったんだろ?と
今だにわかってない私です^^;
※「なぜ今更?」と思うスポットがよくあるけど
SNSってすごいパワーなんだろなぁ…。

急な階段の参道を登ると本殿に到着。

えいのお神社

小さな神社ですが、景色が良いですよ♪

不知火海と八代方面を見渡すことができます。

えいのお神社

この永尾剱神社は、外からではなく中に入って参拝します。

余談を言うと…宇土市にある西岡神社の宮司さんと
同じ宮司さんなので、無人だったりします。

西岡神社も近年、人が増えたなぁ…と感じます。
これも…理由は不明。正代効果⁈

えいのお神社

ここで奉製されているのが、エイの形をした折り紙。

これに海童神様へのお願いごとを書き、海に流すと良いとのこと。

えいのお神社

この紙のエイは、水に溶ける自然に優しい紙が使われてます。

引き潮の時だけ、海中にある鳥居まで歩いて行くことができる神社。

満潮の時には、行けません。

海中鳥居に参拝したい人は、
潮の時間をしっかり確認して行ってくださいね^^

えいのお神社

せっかくなので、私もお願いごとを書かせていただきました。

もともと、胃腸とかの病気にご利益があるとか言われてるそうです。
胃腸はあまり強くないので、ちょうど良い…
と言っても、私のお願いごとは全く違う内容^^;

えいのお神社

海中鳥居へ参拝する際には、
足元が悪いので気を付けましょうという
注意書きがありました。

訪問した時間が満潮の時間帯で、
鳥居まで渡ることができない時は本殿の中に納めて帰ると、
神社の人が変わりに海に奉納くれます。

たくさんエイが納められてましたよ。

私はというと…こういうところ…
ケッコーもってんだよね←自分でいう強気さが強運の秘訣と思ってる(笑)

なにげなーく何も考えずに
そういえば、最近話題になってるよね!と
急遽立ち寄ったんですが…干潮時だった♪

海上に立つ鳥居

ということで、また急な参道の階段を降り
海中鳥居へ行きます。

えいのお神社

満潮時は、海の中ということもあり
岩がゴツゴツしてたり滑ったり
カキなどケガするものもあったり危険です。

気を付けて歩きましょう。

えいのお神社

昔っから運動は苦手としますが
おてんば娘度合いは“おばさん”ではなく
“おっさん化”現象が激しい今日この頃でも
まだ健在の様子。

この辺、結構得意分野なので
我先に!とヒョイヒョイと行きます(笑)

えいのお

午後からの訪問だったので、
太陽も下がってきてますね…
雲がなんだか幻想的で素敵だぁ!

本来であれば…神社は午前中行くべきですけどね^^;
ドライブ途中に急遽立ち寄ったのでその辺はスルー。

えいのお神社

大きな鳥居が目の前に。

満潮時はこの鳥居は海に浮いてるように見えます。

えいのお神社

鳥居をくぐり、水があるところまで行き
エイの折り紙を流し祈願しました。

エイはすぐに溶け始めた!スゴイ!

えいのお神社

よく通る道でせっかくなので
今度、満潮の時にも立ち寄ってみて
満潮時の画像も追加しときますね^^

いつかは…わからんけど^^;

永尾剱神社詳細情報

私…“神社女子”ではない!と言い続けてるけど、
やっぱりだいぶ神社行ってる率高いなと
思う今日この頃。(笑)

神社・寺の訪問記事一覧はこちら↓

フラりと立ち寄りましたが、
ちょうど海中鳥居まで歩くことができ
素敵な参拝をすることができました。

永尾剱神社
住所:熊本県宇城市不知火町永尾615
電話:0964-32-1604
参拝可能時間:24時間参拝は可能
(本殿の中に入れる時間帯は不明)
※海中鳥居へ行けるのは、潮がひいてる時のみ。

記事の内容は、あゆ姫が訪問した際の情報です。
訪問から時間が経過している事が多々あります。
また予約自動投稿の記事も多々あります。
そのため最新の情報とは異なる場合があります。
最新情報に関してや不明な点などは、
直接掲載スポットへお問い合わせください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
宇土・宇城
スポンサーリンク
あゆ姫をフォローする
スポンサーリンク
【あゆ姫食い倒れ放浪記】
タイトルとURLをコピーしました