※記事の内容はあゆ姫が訪問した際の情報です。最新の内容とは異なる場合もありますのでご了承ください。最新情報は各店舗に直接お問い合わせください。
スポンサーリンク

【道の駅鹿島】(佐賀県)鹿島市干潟交流館なな海!有明海を楽しむミニ水族館あり!

道の駅鹿島佐賀県
スポンサーリンク
あゆ姫
あゆ姫

今年も九州を中心にいろいろな

道の駅めぐりをしようと思ってますが

今回は、初めて立ち寄った

佐賀県にある『道の駅鹿島』をご紹介♪

道の駅鹿島(佐賀県鹿島市)

今回立ち寄ったのは、佐賀県にある道の駅

『道の駅鹿島』

(鹿島市干潟交流館なな海)

道の駅鹿島

 

ここ、道の駅鹿島は昭和62年に干潟物産館がOPENしたのち

平成6年に佐賀県で1番最初に『道の駅』として登録された施設です。

 

国道207号線沿いにある道の駅で、有明海を一望することができます。

 

今回、天気が良い日に行ったので、

とっても気持ちが良い景色をみることができました♪

 

道の駅鹿島の場所はこちら↓↓

 

物産館千菜市(せんじゃいち)には名産品がたくさん!

道の駅鹿島にある物産館

【千菜市(せんじゃいち)】

この物産館には、入口入ってすぐ大量の牡蠣が入った袋~!

道の駅鹿島

地域色が強く出てる道の駅好き!!

私、牡蠣は食べれないけど牡蠣が大量に並んでる光景に興奮♪

 

食べない私でも興奮しちゃったので、好きな人にはたまらんのでしょうね。

 

袋に、たくさん入ってて1袋1000円前後で販売されてました。

私は、牡蠣を食べないので、売ってある値段を

ほぼほぼ気にしたことがない…

ということで、牡蠣の相場が全くわかってませんが

恐らく…かなりお得なんじゃないですかね?

 

私の記憶だと…宮島行った時、食べ歩き用に2個500円とかで売ってたしな。

と思ってチラっとネットショップで牡蠣の値段調べてみたら…

めっちゃ安いね。ここ。

 

殻付きの牡蠣、10個5000円とか6000円で販売されてて

殻付き牡蠣の値段にびっくりした。(笑)

 

私が入店した際に、たくさん並んでいた牡蠣は出る頃には

ほぼほぼ完売状態となってました。

値段知った今、そりゃそうだな…と思う。

恐らく10個くらい?それ以上?は入ってたよ。

 

ほかにも、佐賀の有明海といえば~

『ムツゴロウ』

めっちゃリアルな姿で大量にパック詰めされてました^^;

道の駅鹿島

甘露煮などで食べるらしい。

つまみやおかず、おやつにもなるって紹介がありましたよ!

 

熊本も有明海に面した地域がありますが、

ムツゴロウが売られてるのは、あまり見かけませんね。

 

ほかにも、ムツゴロウ商品がいろいろ販売されてました!

道の駅鹿島

地域色が強く出てる道の駅好き!!

↑2回目の興奮(笑)

ほかにも、ここの物産館、ホントに色々な地域カラーが出てて

見て回るだけで私には、興奮するスポットでした。

もちろん、地域で採れた野菜や、佐賀県のお土産品も

豊富に揃ってましたが、私は海産物に気になるものが多かったな。

 

こういう地域のカラーが出まくってる道の駅ホント好き!

 

私は、お店の人には申し訳ないながら…

あまり道の駅であれこれ買い込むことがないので

“お金にならん客”ですが、地域のカラーが出てる

道の駅の物産館を見て回るのが好きなんですよね♪

 

そんな“あまりお金にならん客”の私が食べた…

『ミニえびマヨ』ってがおいしかった!

道の駅鹿島

ミニえびマヨ…と言っても、見ての通り

普段食べるエビマヨではなく、すり身フライのようなものでした。

 

こういう買い食いは、よくする。(笑)

はい、自宅に帰ってからの楽しみ!ではなく、

車に乗って即食べたり、道の駅で景色を眺めながら食べるのが私流^^;

 

ちなみに、同じ国道207号線沿いにある

『道の駅太良』でも同じ商品が販売されてました。

 

道の駅鹿島と、道の駅太良は車で5分ほどしか離れてない道の駅なので

両方回って楽しむのも良いと思います♪

 

道の駅太良の訪問記事はこちらから↓↓

 

ほかにも、いろいろなランキングで上位受賞をしてる

みかんソフトクリームなども販売されてます♪

道の駅鹿島

 

有明海を一望!牡蠣小屋もあり!

道の駅鹿島の裏手には、有明海が広がっていて

綺麗な景色を眺めることができます。

道の駅鹿島

私が行った時には、潮が満ちている状態でしたが

潮位差がとても大きいと言われている有明海ですので

干潮時には、また全く異なる景色を見ることができるかと思います。

 

干潟には、いろいろな生き物もいると思いますし

春から秋にかけては、ムツゴロウの姿も見れるはずなので

干潟観察も楽しそうですね!

 

物産館にも、めっちゃお買い得な牡蠣が販売されていたように

牡蠣が有名な地域とのことで、道の駅鹿島内には

牡蠣小屋もあって賑わってる様子でしたよ!

 

道の駅鹿島

国道207号線沿いには、たくさんの牡蠣小屋があるので

牡蠣がお好きな人には、誘惑が多いルートですね!

 

【鹿島市干潟交流館なな海】無料ミニ水族館あり!

私は、うっかり物産館や裏の有明海だけを見て回りましたが

道の駅鹿島には、ミニ水族館などを完備した

【鹿島市干潟交流館なな海】

2019年4月にOPENしていたそうです…

道の駅鹿島

↑この新しい看板が目立っていたのですが…

しっかり見てなかったな…。

 

建物があることは、確認してたのですがミニ水族館などがある

施設とは思わず、スルーしちゃいました…。

 

鹿島市干潟交流館なな海の建物2階には、

有明海を一望することができる、展望デッキのほか

有明海に生息する生き物などが展示してある

ミニ水族館があり、入館は無料とのこと。

 

あーーー、見たかったよ…しまったよ…。

と思ったら、年始年末(12月29日~1月3日)のみお休み!

 

あゆ姫
あゆ姫

私が行ったの…1月3日だ…^^;

どちらにせよ休みだったってことか。

では、ここは次回立ち寄った時の

お楽しみ♪ということで

しっかりと覚えておきたいと思います!

 

展望デッキ等やミニ水族館は、

下記の時間帯自由に見学ができるそうです↓↓

5月~10月9:00~18:00

11月~4月9:00~17:00

ほかにも、干潟体験などをすることができるそうです。

 

そう!ここ、道の駅鹿島の裏手の有明海の干潟は

全国的にも有名な『ガタリンピック』会場となる干潟だそうです!

 

『ガタリンピック』は知ってたけど、

ここで開催されているとは、知らんかったぁ…!

 

毎年、5月下旬から6月初旬頃に開催される“干潟の上のオリンピック”

どろんこになりながら、いろいろな競技にチャレンジする姿が

ニュースなどでも報じられますが、

鹿島市干潟交流館なな海の干潟体験では、

ガタリンピックの競技なども体験することができるようですよ^^

 

楽しそうだな…。

 

詳しく紹介してあるサイトがあったのでリンクしておきます↓↓

佐賀県の観光情報ポータブルサイト

【道の駅鹿島】詳細情報

今回は、隣接されている「鹿島市干潟交流館なな海」を

見ることができませんでしたが、地域の特色がわかる

楽しい物産館を見ることができました!

 

「鹿島市干潟交流館なな海」をしっかり見るために

また行ってみたいと思います^^

 

道の駅ですので、トイレや駐車場は24時間利用可能です。

【道の駅ななみ】
住所:佐賀県鹿島市大字音成甲4427-6
電話:0957-63-1768
営業時間:9:00~18:00
定休日:

同じ国道207号線沿いにある、すぐ近くの道の駅
『道の駅太良たらふく館』記事はこちら↓↓

道の駅太良たらふく館(佐賀県藤津郡)有明海を一望!有明海の幸が揃う道の駅!
あゆ姫 普段見慣れている 熊本からの有明海ではなく 今回は佐賀県側からの 有明海を見てきました。 有明海の海の幸がたくさん揃う 『道の駅太良たらふく館』をご紹介! ...

 

 

他にもいろいろな道の駅を紹介してます☆
道の駅めぐり記事一覧はこちら↓↓

記事の内容は、あゆ姫が訪問した際の情報です。
訪問から時間が経過している事が多々あります。
また予約自動投稿の記事も多々あります。
そのため最新の情報とは異なる場合があります。
最新情報に関してや不明な点などは、
直接掲載スポットへお問い合わせください。

あゆ姫食い倒れ放浪記SNSフォローはこちらから↓

Instagram Twitter

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
佐賀県
スポンサーリンク
あゆ姫をフォローする
スポンサーリンク
【あゆ姫食い倒れ放浪記】
タイトルとURLをコピーしました