※記事の内容はあゆ姫が訪問した際の情報です。最新の内容とは異なる場合もありますのでご了承ください。最新情報は各店舗に直接お問い合わせください。
スポンサーリンク

金園美食(南区近見)コスパ良しボリュームあり680円中華ランチ!

金園美食熊本市南区
スポンサーリンク

金園美食

今回は熊本市南区近見にある中華料理店で

ランチしてきました^^

【金園美食】

金園美食

以前は「金龍美食(近見店)」として営業されてましたが

現在は「金園美食」として営業されてます。

 

もう名前が変わって数年になるかと思いますが

外観やメニューに変化がないので店の名前が変わったことを

知らない人も結構多いかも⁈

 

そんな私も…2018年にブログで紹介してる際

思いっきり名前間違えてることが

今回記事を書く際に発覚^^;

発覚したんなら訂正しろ…
ってな話なわけですが…そのまま…。

 

金龍美食として営業されている店舗は本店だった

白山通りにある店舗のみとなります。

金龍美食白山店(本店)記事はこちら↓

場所

金園美食さんの場所は東バイパスと3号線が交わる

近見の大きな交差点角。

派手な中華の外観が目立ってるので比較的わかりやすいかな⁈

 

金園美食さんの場所はこちら↓

メニュー

メニューは定食メニューから単品まで

たくさんの中華料理メニューが揃ってます♪

金園美食

以前はご飯はおかわり無料でしたが、

現在は1杯のみおかわり無料となっていて

2杯目から1杯100円となってます。

金園美食

↑同じ画像に見えるけど、裏表の画像です。
1枚目の定食と違うのでしっかり見てくださいね^^;

ちなみに、夜になると定食は880円や980円となりますが
(880円や980円でもコスパ良し◎)

ランチ時間帯10:30~15:00までは

この定食が全品680円ととってもお財布に優しい!!

金園美食

ほかに、麺+ご飯という炭水化物コラボの

神メニューもあり(笑)

金園美食

これが780円というお値段なのに…

麺もご飯もしっかり1人前あるという

(むしろ1人前が他の店より多めw)

嬉しいボリュームでコスパ最高なんですよね♪

ただ…私…台湾麺も醤油麺もあまり食べないという点で致命的(笑)

 

久しぶりに訪問したところ新メニューも登場してました!

金園美食

おおお!中華以外のメニューも登場してる!!

オムライスも新メニューであるそうですよ♪

金園美食

これまた…ボリュームありそうですね^^

 

ほかにも単品メニューも盛沢山!

金園美食

単品メニューも夜だけではなくランチ時間帯でも注文可能です。

金園美食

中華料理で単品というと結構高級なお店も多いですが

こちら金園美食さんの単品はリーズナブルな価格の料理ばかり。

金園美食

お値段的には、あれこれ注文できますが…

1皿がボリューム満点なので

注文しすぎには注意ですね(笑)

金園美食

中国の家庭料理をいろいろ食べることができるお店です。

種類がホントに豊富すぎるのに

私が注文する料理はいつも限られてるんだよね^^;

金園美食

こういう時、好き嫌いがない人って羨ましくも思うけど

すごく悩んでしまうんだろなぁ…とも思う。

金園美食

ご飯類も麺類もスープもほーんとこうしてみると

メニューが豊富ですね!

金園美食

飲茶メニューや、この時期は夏らしい冷やし中華もあります。

金園美食

テイクアウトも可能で、オードブルもボリューム満点そうですね!

金園美食

ソフトドリンクが110円ってのもすごく嬉しい!

金園美食

ランチ680円!

今回私が注文したランチは

【油淋鶏定食】

金園美食

むむむ…たまには別のものも紹介しなきゃね!と

思うけど、私の中で回鍋肉か油淋鶏か2択が多いよね^^;

 

ここの油淋鶏も結構好きなですよね。

ボリュームも満点です!

金園美食

ご飯ももちろんおかわりさせていただきました!

680円でめっちゃ満腹♪コスパ最強!

 

またこの日は2人で訪問したので一部おかず交換。

【エビチリ定食】

金園美食

これがまたエビがプリっとしてて私が食べれる辛さとしては

結構ギリギリのラインだけど、美味しかったなぁ♪

チリソースに玉子も入ってる様子ですね。

 

こちらもボリューム満点で680円!

やっぱりコスパ良く中華食べたい時にはとっても良いお店ですね。

美味しいランチができました。

金園美食詳細情報

【金園美食】
住所:熊本県熊本市南区近見7-2-50
電話:096-326-3088
営業時間:ランチ10:30~15:00
ディナー17:00~23:30
定休日:火曜日
スポンサーリンク
スポンサーリンク
熊本市南区
スポンサーリンク
あゆ姫をフォローする
スポンサーリンク
【あゆ姫食い倒れ放浪記】
タイトルとURLをコピーしました